注目されているフードコーディネーター|専門学校で技術を習得

女性
婦人

食に携わる仕事のひとつ

カフェなどの飲食店で働ける仕事の中には、バリスタが挙げられます。今では美味しいコーヒーを提供するために、バリスタが欠かせない存在になってきていますが、この仕事に就くためには専門学校に通って資格を取得する必要があります。

男女

おいしいお菓子を作るには

製菓の専門学校に通うと、先生が丁寧に指導してくれるため、正しい技法を身に付けられます。独学では難しいお菓子も上手に作れるようになります。また、将来的にパティシエを目指す際、修業をつむのではなく、製菓の専門学校を利用する人も増えています。

食に関する仕事

料理

食に関する仕事に関しては様々なものがあり、代表的なものとしては調理師等を挙げる事が出来ます。それ以外にも農家や漁師等ももちろん食に関する仕事になりますし、そう考えるととても多くの仕事が食に関わっている事が分かります。また上記した以外にも最近注目を集めている仕事の一つとして、フードコーディネーターという仕事があります。フードコーディネーターとはその名の通りに、食にかつわる様々な事をコーディネートするのが主な仕事です。具体的な仕事内容としては飲食店のメニュー開発に携わったり、料理番組のレシピを考えたりといった仕事があります。それ以外にも自分で料理教室を開いて多くの人に料理を教えたり、レシピ本を発売したりといった活躍の仕方をしている人もいます。

フードコーディネーターは食にまつわるあらゆる事に対応するので、その仕事の幅も年々広がりを見せています。そのため引く手あまたの仕事となっており、活躍の場はいくらでもありますし自分で作り出す事も可能となっています。食に関する仕事に就く事を目指している人にとって、フードコーディネーターは憧れの仕事の一つだと言えます。では実際にフードコーディネーターになるための方法についてですが、これは実に様々な方法が挙げられます。この仕事は専門の資格を持っていないといけないわけではなく、ある程度の知識や経験があれば仕事をこなす事が出来ます。一般的には料理の専門学校等に通って知識や経験を積み、フードコーディネーターとして活躍する人が多いです。それ以外にもプロのフードコーディネーターに、アシスタントとして付いて経験を積んで独立する等の方法もあります。また国家資格ではないんですが専用の資格も存在するので、その資格を取っておくと信頼度も高く仕事に繋がる事が少なくないです。

カフェ

飲食店の開業を考えた時に

カフェに勤めて知識を吸収しようとしても、勤務先で思い通りの経験と知識が身につけられるわけではありません。でも学校で学べば、必要な知識を希望通りに学習できます。それもすべて実践的な内容ばかりの上、関連した資格の勉強ができるというおまけつきなので開業の際にそれが役に立ちます。